×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

眠れない羊

眠れない夜に、羊を数える。
結構、一般的な眠るためのおまじない。
眠れなくなったのは、いつからだったろう?

   

 今日も私は眠れずに、夜中に鳴るはずの彼からの電話を待っている。
十一時を回ったころ、枕元の携帯電話が震え始める。
着信のディスプレイには彼の名前。
「もしもし」
「……もしもし、」
久しぶりに聞いた彼の声に、耳を澄ます。
声を聞いただけなのに、泣きたくなる。
「亜美? どうした?」
「ううん、何でもない。由弦ゆづる、風邪ひいたりしてない?」
「おかげさまで。こっちはそっちよりも暖かいからな」
二年前、彼は大阪へ転勤になった。
ついて行きたかったけど、実家住まいの学生には到底無理な話。
『すぐにこっちに戻るから』の言葉を信じて、今年、地元の会社に就職した。
長期の休みには帰ってきてくれるし、電話もメールもちゃんとくれる。
時間は深夜が多くて疲れてるだろうけど、それだけ私のことを考えてくれてるって思ったら嬉しい。

   
 それでも、時々不安になって。
 羊を数えても眠れない夜がくるけれど。


 ――本当に、私でいいのかな?
 ――近くにいてくれる女の子の方がいいんじゃないのかな?



 私は何もしてあげていない気がする。
彼にどれだけ想いを返せているかな?
答えは出なくても、どうしても考えてしまうこと。



 「亜美?」
ずっと黙ったままの私に、名前を呼ぶ彼の声。
「ごめん……半分寝てた」
「うわ、ひっでぇ」
「だから、ごめんってば。次はいつ帰ってくるの?」
「28日に帰るよ。――だから、正月明けまでずっと俺といて? 初詣もすっとばして」
確認するような、誘うような言葉に心がさざめいた。
「うん……」
もうダメだ。
この先もずっと彼を好きでいていいなら。
手放すことだけを考えるのは、やめよう。
もっと明るい未来を夢見よう。
「でも、初詣だけは行こうよ」
「わかった。楽しみだな」
時計を見ると、日付を越えている。
今日も六時半には起きて、仕事に行かなくちゃいけない。
「もう寝るね。おやすみ」
「おやすみ」
電話を切って、ばたりと倒れこむようにして眠りにつく。
羊を数えるより、よく眠れる。
隣に彼がいたなら、きっともっとよく眠れるかもしれない。

   


 一緒に初詣に行って、お願い事をしよう。
これからも、ずっと隣にいられるように。


                                            
Copyright 2007 Ai Sunahara All rights reserved.

-Powered by 小説HTMLの小人さん-