×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Line

BACK 



 時計の針は夜の10時をまわっている。
年末進行の仕事の進捗が遅く、イライラしながら帰宅する。
ベッドの上にカバンを置くと同時に空気が振動した。
携帯が鳴っている。
こんな時間に、誰だろう。
画面をろくに見ずに電話に出る。


 「はい。 もしもし?」
「みーちゃん?」
聞こえたのは………姉の声だ。
「ちーちゃん? ちーちゃんなの?」
「うん」
「久しぶり。 こんな時間にどうしたの?」
「えっ?! そっちって何時なの?」
「夜の10時過ぎだけど………」
「ごめんごめん、こっちは朝の9時過ぎだから大丈夫だと思って、電話しちゃった」
「そう」
言葉が出てこない。
こうして会話するのも2年ぐらいぶりのはずだ。


 2年前、姉の千鶴は急に会社を辞めて海外に住み始めた。
会社で人間関係のトラブルに巻き込まれて、日本に飽きてしまった、と姉はのちに言った。
それに昔からいつか海外に住んでみたかったのだという。
そして、あっという間に仕事と日系人の夫を見つけて結婚してしまった。
姉の思いついたら即行動の原理はいまだに変わっていないようだ。


 「それで、用件は?」
「んー、みーちゃん、元気にしてるかなーと思ったのと、鷹志が結婚するって」
「は? 鷹志が?」
鷹志は弟だ。
「で、来月顔合わせするから帰ってきてくれってお母さんが」
「そうなんだ」
実家を出たとはいえ、海外よりも近くに住む娘には先に連絡をくれないのか。
母親と弟にがっかりする。
「あ、お母さんと鷹志には私から言うって言ったから、二人を責めないでね」
先回りして思考を読まれてしまった。
こんな時に双子らしさを出さなくてもいいのにな。



 「日取りが決まったら、また連絡するって」
「わかった」
電話を切ろうとした時、姉が急に私の名前を呼んだ。
「美鳥」
「なに?」
「声に元気がないよ。 疲れてるの?」
「そんなことないよ」
「あんまり頑張りすぎないで。 帰ったら、どこか遊びに行こうね」
「うん」
「じゃあね」
そう言うと、姉は電話を切ってしまった。


 何でわかるんだろう。
家族だからなのか、それとも一緒に生まれたからなのか。
遠く離れていても、声だけでいろいろわかってしまう。
本当にわずかにつながった線をたどるみたいに。



 姉は、千鶴は、自分なりに羽ばたいていった。
私も疲れていても、ボロボロになっても自分なりに羽ばたけるだろうか。
これからも、その名に恥じぬように。


BACK 


Copyright(c) 2015 Ai Sunahara all rights reserved.

-Powered by 小説HTMLの小人さん-