×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CHOICE

モドル |
 街には桜が咲いた。
真新しいスーツに身を包む、新入社員が闊歩し始める。
歓迎会だ研修だと周囲は騒がしい。


 何も変わらぬまま、春を迎えた日。
仕事を終えて家に帰ると、友人から結婚式への招待状が届いていた。
式の日付は6月。
ジューンブライドになるのか。
もう長いこと会っていないが、さぞ素敵な花嫁になるのだろう。
返信用のハガキに印をつけようとして、ふと手が止まる。



 誰かに、結婚という選択を決意させた彼女。
共に人生を過ごすと決めるというのは、どんなに覚悟が必要なんだろう。
私にも過去には彼氏がいた。
だが、私は誰にも選択されることなく、間もなく20代最後の年を迎えようとしている。



 ―――誰かに選ばれた人生と、誰にも選ばれなかった人生がある。
その違いはいったい何なのだろう?



 『おひとり様』なんてかっこつけてみても、誰かがいなきゃやっぱり寂しい。
自分が仕事以外で、誰とも関われない人間なのを認めたくないのか。
―――違う。
選択してこなかったんだ。
『相手に選ばれる』ことばかり考えていた。
自分が『選んで』いいんだ。
私の人生は私のものだもの。
何だか、目の前が急に開けた気がする。


 ハガキの『出席』に大きく丸をつけ、欠席に二重線を引く。
結婚式に着られる服はあっただろうか。
休みにクローゼットを確認しよう。


 
 まっすぐに他人と向き合う。
もちろん、仕事以外で。
まずはそこから、私自身の選択を始めよう。
モドル |
Copyright (c) 2014 Ai Sunahara All rights reserved.
 

-Powered by HTML DWARF-