×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

guilty

BACK 





夕暮れの街で、僕は坂の上に立っている。





夕焼けの前に、ちらほら光り始める幸せそうな灯。

僕が欲しかったもの。





どれだけあがいても届かない光。

それを手にするためには、どうすればよかったんだろう。

理想の姿は見えているのに、想いだけが空回りして







ひとのこころを壊してまで、何がしたかったのか。

あのとき、何ができたというのか?

戦い続けながら裁かれない罪に身をやつし、その手を汚すことを知る。










どこまで行けば たどり着くのか?

いつまで 歩き続ければいいのか?

何をすれば 魂は安らぐのか?






嘆いても 叫んでも 声なき声が 責めたてる。

かつて悲鳴をあげた 僕の罪の証が。







誰もが忘れていても 僕だけが知る罪。







これは罰なのだ。

手に入らないものを、永遠に望みつづけること。

きっと、魂は安らぐことはない。








それでも、望まずにはいられなかった。

この手をいくら汚そうとも

いつまでも戦い続けることになろうとも。








どれだけ苦しくても僕に人生を降りる権利は、ない。


BACK 


Copyright(c) 2009 Ai Sunahara all rights reserved.

-Powered by 小説HTMLの小人さん-