×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

この手のなかに

BACK 





           
大それた望みがあるわけじゃない




           
突拍子もない願いがあるわけじゃない

          



           
ただ『ふつう』が欲しいだけなのに




           
想うことはいつも手のひらをすり抜けていく





           
どうして

         
どうして





           
呟く声はいつしか嘆きに変わる




           
どうにもならないとわかっていても、泣きたい時がある




           
難しいことをしたいわけじゃない




           
誰かを傷つけるわけでもないのに





           
『ふつう』を欲しがることは、ないものねだりなのかな






         



           
この手のなかに収まるもの



 

           
この手に掴みきれるもの



           

           
それだけが欲しい





他には何もいらない








           
この身体と手で抱えられるものは




           
どれほどのものか




           
『わかっているか』



          

           
問われたら、『知らない』と答えるけれど








 

           
手に入れる苦しさを 痛みを 熱を





           
辛さを 悲しみを





           
すべて受け入れるから





           
この手のなかにあるものだけで



           
生きていたい


BACK 


Copyright(c) 2009 Ai Sunahara all rights reserved.

-Powered by 小説HTMLの小人さん-