×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

逢瀬

index



 石畳を靴音が響く。
カビ臭さが鼻につくが、それを服の袖で押さえながらマリアは前を歩く者に続いた。
通路の左右は天井まで鉄格子がはめられている。


 薄暗い通路を歩き続けて、マリアはようやくその人の前にたどり着いた。
「ケイン、面会だ」
前を歩いていた――看守が告げると、鉄格子の中の男はゆっくりと顔をあげた。
「面会だと?」
「そうだ」
面会を許されたということは、この国の法律では死刑宣告を受けたのも同じだった。
「ケイン」
マリアが彼に呼びかけると、ケインの目は大きく見開かれた。
「マリア、なぜここに来た! 来るなと、たとえ俺がどうなろうとも逢いに来るなと言ったはずだ!!」
投獄される前にマリアに何度も言い聞かせた。
彼女は聞いていなかったのか。


 「逢いたかったからよ!」
マリアはどんなことをしてでも、もう一度ケインに、彼に逢いたかった。
たとえそれで自分が命を落とそうが、マリアは構わなかった。
「私はあなたと出逢うまで、人間として『生きて』いなかった」
ケインが知るマリアの過去。
それは話を聞くだけでも想像を絶するものだった。
「貴方と出逢えて、そばに居てくれて、貴方に愛されて、愛して、私は人間の心を取り戻したのよ! そんな私に愛する人を見捨てろと言うの?!」
ケインは怒鳴り返さなかった。
そして、鉄格子の中からマリアに向かって、精一杯手を伸ばす。
「……悪かった、マリア。 お前の姿を見て、つい動揺してしまった」
マリアはワンピースの裾が汚れるのも気にせずにしゃがみこんで、ケインの手を取る。
「体は大丈夫か?」
「ええ」
マリアの中には、ケインの子がいる。
看守に知られないように、わざと『子ども』とは言わなかった。
「マリア、マリア……愛している」
「ケイン、愛しているわ」
それはつかの間の逢瀬。
どんな睦みごとよりも濃い時間を過ごして、二人は離れる。


 一月の後、国の英雄・ケイン=オースターが王家への反逆罪により、死刑が執行された。
マリアがあの日、牢獄を出てから、どこへ行ってしまったのか。
それは風だけが知っている。


index


Copyright(c) 2009 Ai Sunahara all rights reserved.

-Powered by HTML DWARF-