×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さよなら

BACK 




さよなら





           
あなたのこと ほんとうに好きだったのに




     
傷つけることしかできなくて








        
また 傷つけてしまうかもしれない




         
それでも  心を偽ることはできない







             
あなたはわたしにたくさんの感情をくれたけど




            
わたしはあなたに何もしてあげられなかった







    
『何もしてくれなくていい』




               
その言葉に 心苦しくなったのはいつだっただろう?







            
本音を見せずに恋をしていた わたしだけれど




              
最後に一回だけ ほんとうのことを言ってみようか




「あなたが好き」







     
あなたに 黙って行くわたしを




 
嫌ってくれていいから




憎んでくれていいから









    
わたしのことを 忘れないで



BACK 


Copyright(c) 2009 Ai Sunahara all rights reserved.

-Powered by 小説HTMLの小人さん-