×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

煙草

BACK 








         
元勤務先とバイト先とハローワークに、へこまされていた21歳の春。



 

         
あたしは何をしていいのかわからずに、覚えたての煙草ばかり吸っていた。








         
こんなあたしにも、夢や希望はあって。




        
『しあわせな家庭が欲しい』と、友だちに告げたら鼻で笑われた。




        
『そんなガラかよ』と。




         
悪かったな。
しかし、お前に鼻で笑われるようなことじゃねぇ。








あたしの夢も未来も、けなしたり貶めたり笑い飛ばしたりできるのはあたしだけ。









         
でも、好きなことだけして生きていくのは不可能に近く。



        

         
好きなことだけしてていいのは、こどもの証。







         
あたしはもう、それを知ってる。





         
知ってるってことは、あたしが大人の証拠。







         
この喉元まで出かかった苦しさは消える日が来るのだろうか。




         
どうやったら、抜けていくのか。








         
息苦しくてしかたない。





         
時々むせるのは、きっと煙草のせいだけじゃない。




BACK 


Copyright(c) 2009 Ai Sunahara all rights reserved.

-Powered by 小説HTMLの小人さん-