×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

約束の今日

BACK 



 さっきからずっと、携帯の画面を開いている。
映し出されるのは懐かしい名前。
3年間、携帯を機種変更しても消せずにいた連絡先。


 3年前、それまで2年付き合った彼と別れた。
社会人と学生という、ありがちなすれ違いが続いたころ。
いつまでも変わらない彼に苛立ちを感じ始めていた。
「自然消滅はいや」
「わかった。会って話をしよう」
宙ぶらりんの状態は嫌だった。
正直、わたしは疲れていた。
彼も同じだったのだろう、わりと円満に別れ話をしてきちんと別れた。


 別れ話をしたカフェを出る。
交差点で彼と別方向に歩き出そうとした、その時。
「さとみ」
「何?」
「5年……いや、3年後にもう一度だけ会わないか?」
「はぁ? 何で?」
「あ、別によりを戻そうとかそういうんじゃなく! 元気でいるか、知りたいだけ!
 もしその時お前が元気でやっていてくれたら、俺もその先、がんばっていける気がするんだ!」
「………電話、」
「え?」
「番号、変えずにおくから………」
その後はもう声にできなかった。
声にしたら、泣いてしまいそうで。
「うん。約束な! それじゃ、元気で!」
彼は言いたいことだけ言って、反対方向に歩き出して行く。



 ―――あの日からちょうど3年目が今日。
彼からの連絡はない。
きっとあの日のことなど、忘れてしまったんだろう。
やはり、彼の最後の言葉にかすかな期待を持っていた。
考えれば考えるほど、悔しくて仕方がない。
彼を信じたかったのかもしれない。
すがっていたかったのかもしれない。
あんなことを言われなければ、最初から期待しなかったのに。




 携帯画面のボタンを適当に押すと、画面が明るくなる。
映し出された名前を見ながら、消去ボタンに指を置く。
軽く力を入れると画面には『消去しますか?』とメッセージが出る。
『はい』を押すと、あっけなく彼の連絡先は消えた。
その瞬間、わたしの中にあった重いものがスッと軽くなった気がした。
 
 
 
 わたしは今まで過去しか見ていなかったのかもしれない。
もっともっと未来を見よう。
彼がもういないことを、きちんと思い出にできたのだから。
 


BACK 


Copyright(c) 2015 Ai Sunahara all rights reserved.

-Powered by 小説HTMLの小人さん-